無資格で介護の仕事をお考えの方へ

介護の資格を取る方法

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

介護資格について

法律と無資格介護

法律と無資格介護について

介護業界では人員不足が問題として長年影響を与え続けており、無資格者でも働けるよう新人の方々を対象に募集を行う所は増えています。
入浴介助や食事介助といった施設の入居者に対して行う支援についても法律面では特に禁止されておらず、無資格者の方であっても問題なく利用者の支援を行えます。
その他にも特養や通所といった方面での介護支援も無資格者を対象とした法による規則はありませんので、未経験者の方でも仕事に携わり働くことが可能です。
ただし訪問介護サービスといった支援では資格が必要となり、無資格者が何らかのサポートを行った際には法律による対応が行われる可能性があるので注意しましょう。
過去に無資格者が訪問介護サービスを行い利用者に料金を請求し、指定取り消しの凝視処分を受けたといった問題が起きました。
平成26年度の福祉系居宅介護サービス事業者では有資格者ではなく無資格者が支援を行っているのではないかといった問題が起きないよう定期的にチェックを始めて、法律面でのトラブルを引き起こすのを予防し始めました。

資格取得支援について

介護業界は人員不足による問題を解決する為に資格取得支援と呼ばれるサービスを行い、そちらから新しいスタッフを育成するよう試み始めたのです。
資格取得支援とはアルバイトを通じて働く新人スタッフに基礎から応用までの全ての技術を教えるようにし、そこから職場で働くのに相応しい人材となるよう支援を行うシステムのことです。
資格取得支援制度を導入した施設では有給休暇有り・残業手当有り・制服貸与といった様々な支援内容があるので、新規の方々であっても難なく介護業界に入れます。
こうした分野の求人情報は短期間のみ働き資格を得ることも可能な所を紹介しており、同時に1200円以上の時給を得られるので、勉強しながら生活の為に必要なお金を得ることも出来ます。
その他にも経験豊富な先輩スタッフによる直々の指導も受けられる為、実際に働きながら学びたい方々にも好都合です。

介護職 無資格でできること

無資格でもできる介護の仕事について

介護の仕事は資格がなければ始められないといったイメージがありますが、職種によっては無資格者でも仕事ができるものもあるので、こちらの業界で働くつもりでいる時は求人をチェックしましょう。
ヘルパーや看護助手といった仕事は何らかの資格を有していなくてもすぐ働けますから、事情でスクールに通って勉強を始める余裕がない方でも問題はありません。
勿論こうしたアルバイトであっても必要な知識と経験の両方を得ることは可能な為、経験を積みながら収入を得たい方々には好都合です。

それぞれの職種の特徴

ヘルパーとは老衰や身体的障害が影響して体を動かせなくなった方々の生活を介助する役割を担う職種のことであり、主な仕事は家事・炊事・選択・補修といったもので常に快適な環境を保ち続けるようにしなくてはいけません。
こうした職種では自身の生活の質を向上させる為に必要となるスキルを同時に磨けますから、これから独立して一人暮らしを始めるつもりでいる方と相性が良いです。
看護助手は医療と介護の現場で看護師の活動をサポートする職種のことであり、患者の食事の世話から入浴の介助といった支援を行うのが主です。
その他にも診療の際の誘導や備品管理といった施設の経営維持に関するサポートを行う必要があるので、予め建物の構造を覚える必要があります。
患者の立場になって常にサポートを求められますからコミュニケーション能力を磨きたいと考えている方々が主に始めている仕事であり、利用者の感謝の言葉を直に聞けるのでモチベーションを維持するのが簡単です。
勤務形態はシフト制或いは交代制が多い傾向にあるので長時間勤務し続けることは少ないですし、採用年齢の幅も広いので年齢に関係なく働けるのも利点です。
看護助手認定資格といったものを有していると面接時に断然有利になるので、余裕がある時はこのようなものを取得するのが良いと言えます。

介護職 無資格でできないこと

無資格者ができない介護職の仕事について

介護職の中には無資格者だとできない種類のものがあるので、求人を探す際にはこうした点に注意します。
基本的に無資格者ができない仕事は医療行為と見なされる支援を行う分野ですので、これらに該当するのは痰の吸引や切除による症状の改善となっています。
つまり有料老人ホームやグループホームといった施設での仕事がこれらに該当しますから、求人を探す際にはこうした所は除外して検索するのが良いです。
有料老人ホームでは痰の吸引行為を行い利用者の状態を改善しなくてはいけない時があるので、このような場面に備えて資格を取得する必要があります。
その為こうした施設で働きたいと考えている時は、前もって初任者研修といった資格を取得するよう検討しなくてはいけません。

それぞれの施設の特徴に関して

有料老人ホームは老人福祉法第29条によって定められた高齢者向けとして建設された施設のことであり、生活サービスの向上を目的にしています。
こちらの施設は高齢者の為の住まいとして作り出されましたから入居条件は60歳から65歳以上が条件となっているのです。
また有料老人ホームには健常者と要介護者向けの2種類が用意されており、それぞれ受けられる支援内容に違いがあるので注意して下さい。
健常者向けの有料老人ホームは50室以上の規模が大きい住居でバスツアーや音楽コンサートといったイベントによる支援が行われるのに対し、要介護者向けの施設は50室未満の小規模な所でリハビリ体操や音楽療法といったサービスを体験出来ます。
グループホームは病気や障害といった問題の関係で生活を続けられない方々がスタッフの援助を受けるようにし、小規模な住宅の中で生活を続けていく施設のことです。
介護保険対象内となっている時の利用料金は800円前後で、普段から使い慣れている衣服と食器を持って利用するのが基本となりますから、こちらの方を忘れず携帯するようにしましょう。

介護職 無資格の仕事内容

無資格者に任せられる介護職の仕事

介護職は無資格者でも働ける種類の分野が数多くありますから、基礎的なスキルを身に付けながら学びたいと考えている方々には好都合です。
無資格者に任せられる仕事は炊事・掃除・洗濯・調理といった特別なスキルを要求されない内容となっており、ある程度経験を積むことで誰でも続けられます。
炊事では炊飯器を使ったご飯の炊き出しなどを行い、掃除は床の雑巾がけからベッドシーツの取替を始めます。
洗濯は居住者の衣服を取り替えて洗濯機で洗うようにし、調理では高齢者向けの柔らかく食べやすい料理を作ることになるのです。
これらに加えて入浴と排泄の介助といった仕事も行う時がありますから、常に体を動かせるようベストコンディションを維持し続けるのは大切です。

無資格者でも働ける介護の仕事の一覧

将来に備えて無資格者でも働ける介護の仕事に就きたいと考えている時は、事前にリストをチェックしてどの分野の施設に応募するのか決めておきましょう。
デイサービスセンター・ヘルパー・グループホームといった施設での仕事が主なものとなっており、収入の方もある程度高めなので長期間続けるつもりでいる方にとって相性が良いです。
デイサービスセンターは施設に入所してそこで生活を続けるのではなく、日帰りで通える通所介護を受けられる場所です。
主に利用者の相談相手やリハビリ活動を支援するのが仕事となっており、経験が全くない方であっても働けます。
ヘルパーは食事や排泄の介助を行うのが主な仕事で、歩行に関する支援も始めなくてはいけないので常に相手を観察しなくてはいけません。
グループホームは集団で生活を続けて利用者の心身的なストレスを解消するようにし、健康的な生活を続けられるよう支援します。
地域生活に溶け込めるよう徹底した配慮を求められる反面短期間で必要な知識と技術の両方を学べるので、アルバイトから正社員になるつもりでいる方が始めました。

介護職 無資格の給料

無資格の介護職の給料について

介護職は無資格者であっても働けるヘルパーといった分野があり、それぞれ給料に違いがありますから注意しましょう。
給料には時給と月給の2種類が用意されており、どちらが採用されているのかは施設によって違いがあるので、求人情報からチェックして下さい。
グループホームの給与は夜勤で1回23000円前後となっており、午前中働けないでいる方々にとって好都合です。
有料老人ホームといった施設の時給は880円が平均となっていますが、交通費が別途支給されるので給与を使って毎日通い続けるといったことはありません。
施設によっては取得している資格と勤務年数によって時給を上げる所もありますので、これから働き続けることを検討する際には、こうした職場を見つけるのが良いです。

月給の給与について

無資格者のアルバイトは通常の仕事と違い月給がもらえるのも特徴となっており、こうした施設で働く方は増えました。
一般的な介護職の月給は150000円前後と高めに設定されており、長期間続けることである程度上がる為アルバイトから正社員になるといった流れは特に珍しくないのです。
その他にも夜勤手当・特別手当・通勤手当・家族手当といった特別待遇も用意されており、これらを利用することでより給与を高く出来ます。
夜勤手当では夜の間働くことで給与が5000円増えるといった所があり、家族手当といった支援内容では配偶者一人につき8000円程度増加する時もあるので、こうした点に関して詳しく知りたい時は求人に掲載された電話番号を利用しておきます。
また年2回の賞与が贈られる施設も増えてきている傾向にあり、こちらは約3ヶ月分程度の給与がボーナスとして支給されるのが特徴です。
ただし1年目は満額支給の対象外な為、こうした点も掲載した上で働くことを計画に入れるのが基本となるのです。
無事給与が高く働きやすそうな所を見つけた際には、勤務地を地図から確認して本当に継続して行けるかどうか判断します。

無資格から働きながらヘルパー資格取得

働きながらヘルパーになる為の資格を取得したい時は

ヘルパー2級の資格を取得するつもりでいる時は、専門の講座を利用しつつ学ぶのが良いです。
こうした講座では土日夜間のみを対象とした講義を行っており、午前中はアルバイトを行い休息を取った後で勉強を始められます。
やむなく休日中にも働かなくてはいけない方々であっても問題はありませんし、最短1ヶ月間で資格を取得出来るので、一気に働ける状態になりたい方々でも問題はないです。
またヘルパー2級関連の資格を取得する為の講座は教育訓練給付金制度と呼ばれるシステムによる恩恵を受けられる為、負担を抑えながら仕事を行う為の準備を始めることが可能です。
教育訓練給付金制度とは無事講座を修了した後でハローワークに申請を行うことで支払った受講費用の2割を雇用保険から受給出来る制度であり、ヘルパー2級の資格を取得出来る講座を対象にシステムの恩恵を受けられる所は多数あると言えます。

ヘルパー2級の資格の特徴について

ヘルパー2級の資格は在宅と施設を問わず介護職として働く上で基本となる知識と経験を習得する研修を受けて取得出来るものであり、2013年4月からは初任者研修と呼ばれるようになりました。
こちらの資格は一度取得さえすれば全国の事業所で通用しますから事情で引越しを行い新天地で就職先を見つけることになっても問題はありませんし、受験資格はない為誰でも気軽に取得出来るのです。
初任者研修の資格を無事取得した後はより高度な実務者研修と呼ばれる資格を取得し、こちらを手に入れることで給与の高い施設で働けるようになります。
近年では専門講座以外にもアルバイトとして働きながら同時に初任者研修の資格を取得出来るといった働き先も増えてきているので、数年前と比べるとこうした分野で働くことはかなり簡単となりました。
こちらの情報に関しては求人票に全て掲載されていますから、不安な時は働き先の方に問合わせて解決するのが基本となるのです。

介護職の夜勤

介護職の夜勤について

介護職の夜勤とは昼から夕方までの時間帯に働くのではなく、深夜1時頃から勤務することを言います。
基本的に介護職はローテーションを組んでスタッフを働かせるようになっていますから、こうした時間帯による役割分担は欠かせないことなのです。
午前中はスタッフ3人で働くようにし、午後からは入れ替わって別の人員が勤務を続けることでそれぞれの人材に与えられる負担が軽減されます。
深夜の時間帯はスタッフの人数が少なくなる反面給与が高く入居者は既に睡眠を取っているので、常に働き続けなくてはいけないことはないです。
どちらかといえば入居者の介助よりも住居内に不審者などがいないかどうか見張るといった側面が強く、全ての利用者の安全を確保することを第一に考えるのが夜勤を続ける上でのコツです。

その他のポイントに関して

月の夜勤回数は施設によって異なっていますが、平均は5回程度で毎日深夜の時間帯に働き続ける必要はありません。
休憩時間は2時間が平均となっているので、徹底した体調管理とコンディションの維持が求められます。
夜勤は1回出勤することで2日間働いたと見なされますから勤務しなくてはいけない回数が少なくなり、より多くの収入を得たい方々には好都合です。
また時間帯によっては起床時の着替えや歯磨きといった介助を行う必要もありますから、こうした点も意識して実践出来るよう準備を整えて下さい。
その際には前もって入居者の着替えなどを全てベッドの方に用意するようにし、何時でも衣服を変えられるようにします。
状態によっては入居者に対して排泄の介助もしなくてはいけませんので、こちらの方の処理も行えるよう専用の道具を用意します。
夜勤に関する仕事内容に関しては基本的にスタッフが丁寧に教えてくれますし、どのような点に注意しなくてはいけないのかも指導するので、一度も深夜の時間帯に働いた経験がない方であっても問題はないです。

寮完備の介護職

寮完備の介護職について

特別養護老人ホームやメディカルケアといった常に入居者を看護しなくてはいけない職ではスタッフの負担を軽減させる為に寮を完備していますから、毎日安心して働き続けられるのです。
寮では休息所やベッドといった体力を回復させるのに必要不可欠となる設備が全て用意されていますし、他のスタッフと一緒に休むことも可能なので体調管理をきちんとしたい方々には好都合です。
また寮が完備された特別養護老人ホームでは通勤する為に必要となる交通費と時間の両方を軽減出来るようになるので、こうした利点も影響してこのような施設を利用するスタッフは増えました。
寮を使いたい時は事前に施設側の方に伝えるようにし、利用許可を貰わなくてはいけないので注意しましょう。

寮内に導入されている設備に関して

老人ホームなどに作り出されている寮に導入された設備は冷暖房・給湯・洗濯機・駐車場といったものとなっており、基本的なもの全てが使えるので安心して住み続けられます。
これら以外にも地デジ対応のテレビやユニットバスも入っていますから、快適な環境の中で休息を取れるのです。
中には風通しの良い木造建ての寮を完備した働き先もあるので、こうした利点を求人票にアピールする所は珍しくなくなりました。
冷暖房が用意されていますから過酷な夏や冬といった時期でも問題はありませんし、温かいお茶を飲みながら落ち着きたいと考えている方々にとっても有難い所です
駐車場のスペースは寮を導入した働き先によって異なっていますが、殆どは全てのスタッフが置ける程度の広さを確保している為、余裕を持って自動車を置けるのです。
このような寮に関する環境は一度実際に目で見てみることが出来る為、正式に働く前にチェックすることでトラブルを防げます。
その際には施設側の方に連絡を入れるようにし、何時頃見てみたいのかどうか伝える必要があるので寮を利用する時と同じ手順で連絡を入れます。

無資格のメリット

介護職で働く際の無資格によるメリット

介護職は無資格者でも働けるようになっており、人材確保の為に敢えて敷居を広くすることで人材不足を解決することになりました。
無資格のメリットは責任の重い役目を任せられることがなく、気軽に仕事を続けられることだと言えます。
特定の施設に数年間働き続けていると次第に熟練者として見なされるので、チームのリーダーとして抜擢されます。
こうすることで他のスタッフに命令を下し最良の働きが出来るようになりますが、それは同時に責任が重くなり同時に精神的な疲れを多く貯めてしまう為、今まで以上にコンディションに気を使わなくてはいけなくなるのです。
しかし無資格者はこのような立場になることがありませんし、辞めたい時に仕事を切り上げて別の職場に移るのも容易なので、敢えて資格を取らずそのままの状態でいる方も増えました。

資格を取得するつもりでいる時は

資格を取得して特定の職場で働くつもりでいる時は、まず初任者研修と呼ばれる基本的なものを手に入れるのが良いです。
初任者研修とはヘルパー2級と呼ばれていた資格であり、基本とも言えるものですから取得難易度は低めな傾向にあります。
無事初任者研修による資格を取得した際には次に実務者研修と呼ばれるものを手に入れるようにしなくてはいけません。
実務者研修は取得することで介護福祉士国家試験の実技が免除されるようになり、サービス提供責任者になれるので、一人前として認められたい方々が取得することは珍しくなくなりました。
その他にも医療行為として見なされる痰の吸引行為と経管栄養と呼ばれる操作も学べますから、入居者に対し手厚いサービスを行いたい方々も資格を取得し始めました。
初任者研修の資格取得に要する日数は10日程度となっており、実務者研修も同じくらいの月日を必要とするので、この時期を考慮した上で就職活動を始めるのが基本です。
自宅学習による科目は初任者研修で11科目となっていて、実務者研修は1科目程度なので必要な知識をきちんと学べます。

無資格のデメリット

介護職を始める上での無資格のデメリット

介護職は無資格でも仕事を始められますがある程度のデメリットがあるので、こうした点に注意した上で働くことを検討しなくてはいけません。
デメリットを整理すると働き先が少なくなる・特定の分野の仕事しか任せられない・長期間働き続けてもリーダーになれない・医療行為を始められないといったものとなります。
無資格者はグループホームといった施設でしか働けない為ある程度遠い地域にまで行き、そこで働かざるを得ないといった時があるのです。
また調理や炊事といった簡単な種類の仕事しか任せられない為、ある程度経験を積んでより本格的な仕事を始めたい時は資格を取得することを考えるようにします。
更に無資格者は能力があったとしても長期間働いて集団のリーダーに抜擢されることがないので、こうした点にも注意します。
その他にも経管栄養や痰の吸引行為といった医療行為を始められないといったデメリットもあるので、このような点を解決したい時はまず初任者研修から取得しましょう。

初任者研修等について

初任者研修とはかつてヘルパー2級と呼ばれていた資格であり、基本的なものですからこちらを取得するだけで有料老人ホームといった所で働けるようになります。
初任者研修は取得難易度が低く10日程度で手に入れられますし、そのまま実務者研修の方にもチャレンジ出来るのです。
実務者研修の資格を取得することで痰の吸引行為や経管栄養といった医療行為を始められるようになり、より本格的な仕事を開始出来るのでやりがいのある環境にいたいと考えている時はこちらの取得も検討して下さい。
実務者研修の資格取得の難易度は初任者研修よりも若干高めですが、きちんと勉強し続けることで難なく手に入れられる程度の難しさですから、よほど勉学を怠らない限り試験に落ちるといったことはありません。
各講座では試験対策となる勉強方法も教えるようになっており、テストが苦手な方でも無事受かる状態にまでなれるので、安心して学び続けられます。

1 / 41234