無資格で介護の仕事をお考えの方へ

介護の資格を取る方法

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

介護資格について

無資格の介護職就職方法

無資格者の介護就職法について

一般的な無資格者の介護就職法はまず介護関連の情報を取り扱った就業支援サイトの方に連絡を入れるようにし、そこから近くの事業所まで通い希望の条件を伝えることになります。
近くに事業所がない時は現地で出張登録会を行うので、そちらを利用することで都合の良い時期にスタッフとの相談を始められます。
面談では何故介護の仕事に就くことを考えたのかといった希望を具体的に話すことになる為、出来るだけ詳しい要望を伝えて理想的な働き先を見つけてもらうのが良いです。
スタッフに伝えた希望条件に関する情報はそのまますぐ情報検索に利用されますから、出来るだけ条件を満たした仕事を検討してくれるのです。
無事仕事を見つけてくれた時は電話かメールを使って連絡が入り、その後で営業担当と一緒に施設見学に行くことになります。
施設見学ではグループホームといった建物の内部を直接見るようにし、寮が完備されている所はそちらの方もチェック出来るので、本当に働きやすい所かどうか判断したい方々が主に利用し始めました。

登録面談について

就業支援を行っているサイトで相談を始めたい時は前もって登録面談による手続きを済ませるようにし、何時でも支援を受けられる状態にします。
登録面談の手続きを済ませる際に必要となる道具は証明写真・本人確認が出来る書類・筆記用具・職務経歴といったものとなっており、履歴書が必要ない所もあるので注意しましょう。
登録面談による手続きを行う時はまず専用のカードに情報を記入するようにし、同意書をチェックして納得出来た際には署名を行います。
登録手続きを済ませた後は専任のキャリアコンサルタントが人材派遣の手順を説明するようにして、志望動機などを改めて伝えます。
所要時間は1時間程度と短いですから長い間同じ所に居続ける必要はなく、資格取得に関連した資料も渡される為そちらも確認することで疑問点を解決出来るのです。

無資格の介護職就職採用

無資格者が介護関連の職に採用される為には

無資格者が介護の職に就いて働くつもりでいる時はまずセミナーに参加するようにし、仕事内容をきちんと理解するのが良いです。
セミナーでは無資格者に与えられる仕事内容からどのような手順で職を得るのかといった基本的な情報全てを伝えてもらえるので、一度もこうした分野の仕事を始めた経験がない方でも問題はありません。
このような種類のセミナーはハローワークといった就業支援施設が主に開催しており、約2時間程度の説明会を始めるので、基本的な情報全てを取得出来ます。
勿論基本料金は無料ですから情報を得る為にお金を使う必要はありませんし、参加までの流れもシンプルな為気軽に体験していけます。

セミナーに参加する際の手順について

介護関連向けのセミナーに参加したい時はまず関連した団体の方に連絡を入れるようにして、希望日時などを伝えなくてはいけないので注意しましょう。
各地域の公式ホームページでは日時・会場・セミナーテーマ・定員といった基本的な情報が掲載されており、連絡先である電話番号とFAX番号も載せられているのでこれらを活用することで手続きを始められます。
連絡を入れて希望日時を伝えつつ手続きを終えた後は住所の方をチェックするようにして、そこから道順を確認するのが良いです。
ネットの検索欄に住所を入力して検索するだけで地図情報が出てきますから、そこから移動ルートを決めておくことでスムーズに目的地にたどり着けるのです。
セミナーに参加する際には筆記用具とメモ帳を用意しておくことで何時でも情報を記入して再確認出来るようになるので、こうしたものを忘れないようにします。
中でも就業関連の情報は就職する上で大切なデータとなりますからこれらの内容を重点的に記入することで、職に就く際の負担を軽減出来るのです。
セミナーによっては職場見学ツアーといった直接施設に通って内部の構造をチェック出来るので、具体的な情報を得られます。

無資格の介護職就職志望動機

無資格者が介護職に就く際の志望動機について

介護職は無資格者であっても働くことが出来ますが、面接時には具体的な志望動機が問われる為きちんと答えられるよう準備しましょう。
面接官から好印象を持たれる為には前向きで向上心を感じさせる動機を伝えなくてはいけませんので、こうした点を第一に考えておきます。
例えば介護を続けながらスキルアップを目指す為にこちらの職場を希望した或いは身に付けた技能をより向上させたいといった考えを伝えることで前向きさをアピール出来る為、このような志望動機を伝えるのが良いです。
その他にも介護を続けて他人から感謝された時の嬉しさをもっと体験したいといった志望動機も評価されやすいので、こうした考えも伝えられるようメッセージを作ります。

履歴書を作る際のコツに関して

具体的な志望動機を伝える為の内容を考えた後は次に履歴書を作るコツを理解しておき、チェック担当の相手が良い印象を持てるようにするのです。
筆記はボールペンか万年筆にする・日付は記入した日にする・写真は3ヶ月以内に撮影したものを使う・都道府県といった住所は省略せずに書くといった点をきちんと守るようにして、その後で自己PR文を記入します。
これらの文章を記入する際には修正液を使って間違えた部分を直すのは問題となるので、万が一誤字脱字といった点が見られる時は、新しい履歴書に情報を記入して下さい。
自己PR文を作成する時はまず自分の強みとなるポイントを理解するようにし、そこの部分をきちんと記入して伝えることで受かる可能性が上がります。
アルバイトなどの経験もPRとして十分使えますから、そこから介護に関連した内容に発展させて高印象を持たれる内容にしなくてはいけません。
例えば長年集中力が問われる雑務などをずっと続けてきたので色々な仕事を任せられてもきちんとこなせる自信があるといった内容にすることで相手側の印象が良くなるので、ポジティブな内容にします。

無資格の介護職就職面接

無資格者の介護職の面接について

無資格者であっても介護職関連の求人に応募した際には指定された日時と場所で面接担当者と出会い、そこから質問にきちんと答えて働ける人物であることを証明しなくてはいけません。
出来るだけ緊張感をなくした状態で面接に挑みたい時は前もって施設見学によるサービスを受けるようにし、そこからどのような感じの建物であるのかチェックします。
一度施設に通うだけでもどのような感じの所なのか理解出来るので不安感を抱くことがなくなり、冷静に面接時の質問に答えられますからこうした利点は大きいです。
勿論こうした施設見学は無料で参加出来るようになっており、スタッフによる案内を受けられるので効率良く建物の構造を理解していけるのも利点です。

面接を受ける際のコツに関して

介護職の面接を受ける時はまず身だしなみを出来るだけ整えるようにし、きちんとした綺麗な状態になりましょう。
頭髪を綺麗な状態にして清潔な服装にすることで面接担当者の第一印象を良く出来るようになり、同時に介護職に就きたいといった意思表示も可能となります。
介護職系の面接で良く聞かれる質問は何故この仕事を選んだのか・高齢者に対してあなたはどのようなことが出来るか・数多くある施設の中でここを選んだ理由は何かといったものですから、これらの問い掛けに関する答えを前もって考えておいて下さい。
後は表情と姿勢の方も意識するようにし、極力明るく背筋を伸ばした状態を維持します。
可能な範囲で大きな声で答えることも評価ポイントの1つとなっていますから、相手スタッフが聞き取れる声量を出すのが良いです。
人間の声は服や部屋の環境によって吸収されてしまい普段より少し大きめの声量を出さなくてはいけない時もある為、施設見学する際にはこうした点も確認します。
最後に面接日時に遅れてしまうと評価が下がってしまうので、万が一トラブルで遅れそうな時は事前に施設側に連絡を入れるのがマナーとなります。

新卒・無資格の介護職

新卒か無資格者でもなれる介護職について

介護職には様々な種類があり、それぞれ必要となる資格に違いがありますからこうした業界で働くことを考える際には、注意しなくてはいけません。
例えば高齢者向けの有料施設では痰の吸引といった医療行為を行わなくてはいけませんから、実務者研修と呼ばれる資格を取得しなくては就職出来ないのです。
逆にヘルパーといった介護職は無資格者や新卒の方でも簡単になれる介護職ですので、こうした職から仕事を始めてきちんと経験を積むといった流れは珍しくありません。
求人を提供する仕事場によっては働きながら初任者研修といった基本的な資格を取得出来る所もありますから、効率良くステップアップしたい方々にとって好都合です。

介護職に就く基本的な流れについて

正式に介護職に就きたい時はまず求人情報をチェックするようにし、最も働きやすいと思える所を探さなくてはいけないのです。
各施設と提携を行っている求人情報掲載サイトは数多くありますから、まずはこうした所をチェックして本当に良い所を探しましょう。
掲載されている求人情報には住所・給与・待遇・必要とされる資格といった基本的な情報全てを掲載するので、これらを比較することで最も良い働き先を見つけられます。
これらの情報の中でも一番大切なのは必要とされる資格であり、特になんの条件もない所は新卒か無資格者の方でも気軽に応募出来ます。

会員登録に関して

介護職の情報を取り扱っている検索サイトでは会員登録と呼ばれるサービスを行っており、こちらを利用することで効率良く情報を集められるのです。
会員登録を済ませることで介護職の求人情報に関する様々な情報が定期的に送られるようになり、同時に常にスタッフからの支援を受けていけるので初めて就職活動する方には相性が良いです。
会員登録する際には検索サイトの方にある専用フォームを開くようにし、そこから個人情報を入力することで済ませられます。

無資格の介護職転職

無資格者が介護職の転職を行う時は

無資格者が別の介護職に転職する時はまず志望動機を考えるようにし、相手側が納得出来る理由を伝えなくてはいけません。
例えば何故今の職場ではなくこちらの仕事場に移りたいと決意したのかといった具体的な問いかけに対して細かく答えられるようにすることで相手側スタッフに良い印象を与えられるので、このような点をきちんと考えておきます。
その際の回答として理想的なのは自分のスキルを磨きつつより向上出来る素晴らしい環境であると感じた為といった前向きで相手側の施設を評価した内容で、ポジティブな意見を伝えるのが良いです。
その他にも今後の自分はどのようなスタッフになりたいか・資格を取得しない理由は何故か・最終的にはどういった職に落ち着くつもりでいるのかといった細かな問いかけが来ますから、こうした質問も想定した上で面接に挑むのが理想的です。

面接対策を無事終えた後について

転職する際に必要となる面接対策を終えた後は、次に求人票を探さなくてはいけないのでこちらの方をチェックします。
専門の求人ナビといった所では日本全国を対象に様々な求人票を提供しており、正社員や雇用形態から情報を探し出せる為、理想的な職場を見つけるのは容易です。
その他にも所有している資格から探すといった項目もありますから、今の自分のステータスに相応しい職場のみに限定し、効率良く探すことも可能です。
無資格者に関する求人は7000件以上もあるので介護業界はやはり人手不足に陥っている所が多くあり、可能な限り人材を確保したいと考えた所は多くあるのが分かります。
勿論逆に理学療法士・作業療法士・看護師・医療事務といった専門の資格を有した方が応募出来る求人票も掲載していますから、これらの情報を集めることは簡単です。
より細かく情報を検索したいと考えている時は専用のキーワード欄を利用し、そこから具体的な内容を入力してサーチします。

ヘルパーの資格を働きながら取得する方法

ヘルパーの資格を取得しつつ働いて収入を得る方法について

働いて収入を得ながらヘルパーの資格を取得したい時は、まず専用の講座に参加してそこからきちんと勉強を続けるのが一般的な方法となります。
各講座によって学び方は様々となっており1ヶ月間のみ学べる短期コース・夜の間のみ勉強出来る夜間コース・自宅で学習していける通信コースといった種類があります。
具体的な勉強の流れはスクールによってある程度の違いがありますから、応募する際にはスケジュールを予めチェックするのが良いです。
例えばあるスクールでは自宅学習を行い数回に渡ってレポートを提出するようにし、それから学校に直接通って学ぶといったスタイルを採用している所もあります。
学校に直接通う時は昼間か夜間のいずれかを選択するようにして、自分にとって都合の良い日に働けるようにします。
午前中にアルバイトを行いたい時は夜間の時間帯を選択しますが、夜に働くつもりでいる時は逆に昼間勉強するのが基本となるのです。

スクーリングする際の振替制度について

専門の学校では万が一の事態に備えて振替制度と呼ばれるシステムが導入されており、こちらを利用することで勉強が遅れるといった事態を防げます。
振替制度とはどうしても都合で学校に通えない時が来た際に別の日に変えてもらうシステムのことで、これを利用することで好都合な時に勉強を始められるのです。
決められた回数分勉強しなくては資格を取得出来ませんから、振替制度を利用して別の日に学ぶといったことは特に珍しい流れではなくなりました。
振替制度は全ての講座が採用している訳ではありませんので、不安な時は前もってスクール側に問合わせておきましょう。
問い合わせる際には電話番号といった情報が必要となりますから、各種講座のホームページをチェックし、そこからデータを確認して下さい。
後は受付の時間帯を確認して連絡を入れられる時間帯にあるのかどうか確認しつつ、対応時間内に問合せを行います。

無資格で介護派遣

無資格で介護派遣の仕事に就く時は

介護派遣の仕事の給与は17万円程度が平均となっており、十分な金額が支給されるので安心して働き続けられます。
また無資格であっても介護派遣の仕事はすぐ始められますから、時間を無駄にすることなく毎日きちんと働ける状態になりたい方にも好都合です。
勿論ケアマネージャー・介護福祉士・理学療法士・看護師といった資格を取得した方を対象として募集を行っている所もあるので、専門的な知識を有した人材を手に入れたがっている施設に連絡を入れて毎日働くことも可能です。
派遣で働くメリットには勤務時間を自分で選べる・賃金が高い・やりたい仕事だけを選択出来るといった内容となっていますが、最大の利点は仕事と私生活の両方を両立出来ることにあると言えます。
これにより家庭がある人物であっても安心して働き続けられますから、何らかの問題を抱えながら勤務を始めるといった事態が起きることはありません。

派遣の種類について

派遣には一般・特派・紹介予定といった3種類があり、それぞれ特徴が異なっているので注意しましょう。
一般派遣は求人票を利用して仕事の斡旋を行う会社に連絡を入れるようにし、そこから働く準備を整えるといった基本とも言えるやり方です。
特派派遣は派遣会社とスタッフが正社員として契約を結ぶ方法のことであり、きちんとした給料が支給されるのが大きな特徴です。
紹介予定派遣についてですが派遣先に雇用されることが前提で、期間終了時に本人が合意した際社員として正式に採用してくれるスタイルとなっています。
これらの種類の中でも取り分け注目されているのはやはり特派派遣でこちらは企業との契約が終了しても常時雇用契約は切れていない為、給料が支給されないまま解雇されるといったトラブルが起きることがないです。
これによりどのような方々であっても安心して働き続けられるようになっており、派遣は正社員よりも下といった認識が変わりつつあります。

無資格で介護パート

無資格者の介護パートについて

介護のパートは無資格者であっても簡単に始められますから、きちんとした収入を得ておきたい方々と相性が良いです。
正式に介護のパートスタッフとして働く時は新人研修に参加することになり、こうしたイベントを経て働く準備を整えられます。
新人研修では介護制度や障害者自立支援法といった基本とも呼べる制度や法律に関する情報を一から教えてくれますし、仕事の流れを掴む為にきちんとした役割も任せられる為スタッフ全員で働いているといった感覚を感じさせてもらえるのです。

資格取得支援に関して 介護のパートでは資格取得支援と呼ばれる制度を導入した所があり、このような働き先を利用することで収入を得ながらステップアップ出来ます。
資格取得支援に要する研修期間は2日程度と短く長い間参加し続ける必要はありませんし、初任者研修を取得した時は補助金が支給されます。
また介護福祉士の資格を取得する為に必要となる受験を受ける時は特別休暇が給付されるようになり、無事合格した際には祝い金が支給されるといったボーナスがあるのです。

介護のパートの勤務時間について

平均的なパートの勤務時間は月間で175時間程度となっており、交代制を採用した所になると160時間くらいが普通となります。
施設では日勤と夜勤と呼ばれる働き方が用意されており、前者は午前10時頃から夕方の6時まで働くことになり、後者は午後6時に始まり夜の10時に終わります。
夜勤での勤務は一晩中活動する訳ではなく定期的に休息を取るようにし、体力と精神力の両方に負担を与えないようにしてくれるのです。
服装自由・フリーター歓迎・年齢不問・交通費支給といった様々な要素による支援を行ってくれますから、今まで資格を取得せず働き続けた方々であっても介護系の仕事を始めるのは容易です。
給与改定は年に1回ある為より多くの給与を得られるようになっており、家族手当や役職手当も用意されているので、万が一の事態が起きても解決するのは簡単だと言えます。

無資格でグループホーム介護

無資格者がグループホームで働くつもりでいる時は

無資格者がグループホームといった施設で働き続けるつもりでいる際には、経験者優遇と書かれた所に連絡を入れるのが良いです。
グループホームは介護福祉士やヘルパー2級といった資格を有した方々を優先して採用しますが、ある程度の経験を積んだ人物も対象と見なす為、このような所に連絡を入れることで仕事を始めやすくなるのです。
グループホームの平均時給は950円前後となっており、施設にもよるのですが週5日フルタイムで勤務出来る所があるので、収入を可能な限り高くしたい方々には好都合だと言えます。
その他にも4週8休といった感じで無理なく働き続けられる所もありますから、応募する際には自身の体力と都合を考慮した上で最適な所に連絡を入れて下さい。

勤務時間について

グループホームの勤務時間は午前7時頃から午後5時頃まで働ける時間帯や、夕方の4時30分に仕事を開始して翌9時30分まで勤務する夜勤といったタイプがあるので、家庭の事情を踏まえた上で最適な時に活動出来ます。
基本的にグループホームは大人数で運営し続けなくてはいけない為全スタッフの疲労を解消しつつ、全員が健康的な状態で勤務を始める必要があります。
その為交代制を採用していますから、常に働き続けて疲れてしまうといった事態が起きることはないのです。

就業前の職場見学に関して

グループホームでは正式に働く前に職場見学を行い、どのような感じの施設なのか調べることが出来ます。
職場見学ではスタッフによるグループホーム内にある設備の紹介が行われていますし、付近にある交通機関の場所も説明してくれるのです。
これによりどこに何があるのか前もって把握するようにして、何時でも働く準備を整えられるのです。
勿論こうしたグループホームでは車通勤が出来るよう駐車場が用意されているので、遠い地域にお住まいの方でも自家用車を使い通い続けるのは簡単となっています。

3 / 512345

無資格で介護職を考えている方へ

無資格で介護職に就くには

無資格の介護求人